糖尿病 症状 原因 予防

糖尿病の症状と原因、予防方法について

 厚生労働省の調査では、2012年時点で全国には約950万人の糖尿病患者がいるとされています。

 

 しかしながら、実際に糖尿病の治療を受けているのは、その内の約65%ということです。

 

スポンサーリンク

 

 糖尿病の患者数は増え続けているのが実情ですので、現在では1000万人を超えていると推定されます。
 国民の約10人に1人は、糖尿病患者という計算になります。

 

 糖尿病は自覚症状が少ないので気付かないことが多いのでしょうが、放置しているとさまざまな障害を発症するようになるため、注意が必要となってきます。

 

 このサイトでは、糖尿病に関しての様々な症状やその原因、対処方法、予防方法などについてわかりやすくご紹介していきます。

 

糖尿病ってどんな病気?

 膵臓で作り出されるホルモンにインスリンがありますが、これには血液中のブドウ糖を取り込みエネルギーとして利用する役割があります。
 インスリンが不足すると、ブドウ糖が消費されず、血液中のブドウ糖濃度である血糖値が高くなってしまいます。
 この血糖値が高い状態(高血糖)が続くのが糖尿病となるのです。

 

糖尿病の原因は?

 糖尿病は日頃の生活習慣が元になって発症することが多いので、「生活習慣病」と言われています。
 運動不足やストレス、食べ過ぎ、お酒の飲みすぎなど、現代社会で陥りやすい生活自体が糖尿病の誘発要因となっているのです。
 また、糖尿病には遺伝的な要因も大きく関わっているので、親族に糖尿病の人がいたら注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

糖尿病の治療は?

 高血糖状態は、しっかりと治療を行なうことで改善することが可能です。
 ただ、インスリンが不足してしまうのは、年齢の積み重ねや長い間の生活習慣が原因になっているため、回復させるのは容易ではありません。

 

 治療することで血糖値が低くなっても、規則正しい生活をしていなければ、すぐに元の高い状態に戻ってしまいます。
 糖尿病であっても血糖コントロールを正しく行えば、高血糖が原因で発症するいろいろな合併症を予防することが可能となります。

 

 逆に血糖コントロールをしていないと、自覚症状がないまま合併症を発症してしまいます。
 一般的に合併症は発症すると治癒が難しく、治療の目的が合併症の進行を食い止めることになってしまいます。
 注意したいのは自覚症状がないことで、合併症に気付いた時には対処のしようがないという場合も少なくはありません。

 

怖い合併症とは?

 自覚症状がないため糖尿病は放置してしまう場合が多いのですが、高血糖によって全身のさなざまな臓器に障害が発症するようになります。
 神経障害、網膜症(網膜の出血)、腎症(腎臓の機能低下)が発症しやすい病気で、三大合併症とも呼ばれています。
 その他、合併症には足の壊疽もあり、進行すると足の切断ということにもなりかねません。

 

 次はこちらの記事です。
 糖尿病とは?わかりやすく説明すると。。。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。