糖尿病 運動 禁忌 時間帯

糖尿病で運動が禁忌となる時間帯とは?

 

 

 糖尿病治療の一環として医師から運動をするように勧められることがありますが、時間帯によっては禁忌となっていることがあります。
 そこで禁忌の時間帯について調べていくと、主に空腹時においては運動は控えた方が良い傾向があります。

 

 理由として空腹時に行うことによって、体の機能が自分が思っているように働かないことが多くなっています。
 それによって糖尿病治療を目的としている場合でも、逆に体調不良を誘発させかねない状況になります。
 体調不良を発症してしまっては意味がないため、空腹時においては基本的に控えるようにした方が良いです。

 

 運動といってもサッカーやテニスなどのスポーツではなく、日常生活におけるもので問題ないのが特徴です。
 一例として1時間ほどウォーキングをすることや、洗濯や掃除といった体を動かす家事を行うといった動作でも大丈夫です。
 こういった動作で予防が可能となっているので、誰でも気軽に始めることが出来るのが特徴となります。

 

 

 

 2つめの糖尿病治療において運動する場合において、禁忌となっている時間帯は気温が高い時間帯となっています。
 主に夏の季節に該当することが多くなっており、日差しが出ている日中においては基本的に禁忌となります。
 そのため夏の季節においては一工夫が必要となり、午前中や夕方になってから軽く運動をした方が良い傾向があります。

 

 気温が高い時間帯に治療を始めることによって、熱中症という病気を高い確率で誘発してしまいます。
 対策としては水分補給が出来るようにお水を用意することであり、適度に飲みながら続けていくのがポイントです。

 

 また夏においては日差しが出ていない場合には、日中であっても治療を進めることが可能となっています。
 その場合には水分補給対策を忘れないようにして、外で軽くウォーキングなどをするのが効果的となります。
 基本的に毎日継続することがポイントですが、体調不良を感じている場合については無理をしないで休むことも重要です。

 

 次の記事はこちらです。 
 妊娠中のラーメンが糖尿病の原因だった?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。