糖尿病 患者 メニュー ダイエット

糖尿病患者の食事はダイエットメニュー?

 

 

 家族に糖尿病患者がいると、日々の食事のメニューには気を使うことがとても多いです。
 糖尿病を患っている方の中には、肥満傾向にありダイエットもしなくてはならないので運動や食事の内容や量にも配慮をしなくてはなりません。

 

 患者本人が気をつけるのは当たり前のことですが、家族の協力があってこその療養です。
 家族の中に一緒の食事内容の人がいれば、闘病とは違うモチベーションですが一緒に頑張るのはきっと患者自身のモチベーションも上がり、家族も一緒になって前に進むことができ一緒に病気と闘っているという気持ちがわくことでしょう。

 

 その家族の中で一番大変であろうと予測できるのが、食事の支度を担当している人です。
 家計の範囲内で病状にあったメニューを作るのはとても大変なことです。
 また同じ食材でも、家族の構成によって油分の多いこってりとした食事やあっさりとした食事などメニューも変えていかなくてはいけません。

 

 ただこのように家族を健康を気遣ってくれ人、たいていはお母さんやお嫁さんだと思いますがこの人たちに感謝しなくてはなりませんね。
 食事を作ってくれる人の努力が、患者自身そして家族の健康を守っていると言えるでしょう。

 

 

 

 糖尿病でなくてもダイエットを意識している人は運動をしたり、食事の内容を考慮したりしていると思います。
 特に食事の内容にはとても気をつけているのではないでしょうか。

 

 食物繊維の多い食材でおなかを満たしたり、低カロリーの食材の使用をしていると思います。
 昨今は低糖質ダイエットが流行していますが、これは食事によるインシュリンの上昇を制限するダイエットです。

 

 ですが糖尿病患者が実施するには、医師の許可のもとに行う必要があります。
 なぜなら血糖値のコントロールが苦手なのが糖尿病の特性です。

 

 素人判断で、このダイエットを行うことは危険かもしれません。
 医師の指導のもと行ったほうが良いと言えるでしょう。

 

 そのほかの方法は、やはり食事療法ではないでしょうか。
 しっかり油を落とした調理法で、かみごたえのある食事をすれば満足感が得られます。

 

 お酒が好きな人は要注意です。
 お酒はとても糖質が多い飲み物です。
 適量と思っていてもお酒の力に負けてしまうこともあるでしょう。

 

 そんな場合はウイスキーや焼酎などの蒸留酒を飲用するといいでしょう。
 糖質がほかのアルコール類に比べ低いのです。

 

 そして、お茶やお水などのカロリーの無い水分で割ることも必須です。
 小さな努力を実らせて、健康な体作りを心がけましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 血糖値が下がるとどんな症状が出る? 

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。