糖尿病 足 変色 何科

糖尿病で足が変色したら何科を受診すればいい?

 糖尿病で足が変色した場合には、何科を受診するのがいいのでしょうか。

 

 一般的に糖尿病の症状を発症した場合においては、内科や総合病院を受診することによって完治させていく流れとなっています。

 

スポンサーリンク

 

 しかしこの症状によって足が変色してしまった場合において、何科を受診すれば良いか説明をしていきます。

 

 この場合には内科ではなく皮膚科を受診するのが好ましく、足の変色という症状を完治させていきます。
 原因が糖尿病とはいえ皮膚の外傷となっているため、クリニックについては皮膚科が専門となっています。

 

 また症状が足に出てしまった場合においては、同時に細菌感染も発症しやすくなっているため注意が必要です。
 症状が悪化してしまうと切断といった事例もあるので、自覚症状がある段階で皮膚科を受診するのが良いです。

 

 治療については保険適用されることが多いため、低価格で薬などを処方してもらうことが可能です。

 

 さらに日本では糖尿病患者数も増加傾向にあることから、全国の皮膚科クリニックで治療に対応しているのも特徴となります。

 

スポンサーリンク

 

 糖尿病の症状が足の変色という外傷が出た場合においては、何科を受診すれば良いかというと基本的に皮膚科となります。
 具体的な皮膚科での治療内容についてですが、主に抗ウィルス剤や免疫抑制剤などが処方されることが多いです。

 

 これらを服用することによって、足の変色という症状を少しずつ完治させていく流れとなっています。
 また症状が悪化している場合においては、投薬療法だけでなく点滴を利用して治療を進めていくことがあります。

 

 ケースによっては医師の判断で入院が必要と判断される場合があり、その時には病院内で治療を進めていく流れとなっています。
 同時に水虫や蕁麻疹などを誘発することがあるため、これらの症状を予防する薬が処方されることもあります。

 

 病院の皮膚科を受診する場合においては、内科と連携して治療を行っていることが多いのが特徴です。
 その場合にはクリニックに比べて多くの治療が行えるので、処方される薬なども多くなることがあります。

 

 次の記事はこちらです。
 10代の糖尿病!その初期症状は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。