糖尿病 検査キット 薬局

薬局で買える糖尿病検査キットとは?

スポンサーリンク

 

 現在、生活習慣病を患っている人が多くなっています。
 生活習慣病は食生活と大きく関わっていますが、そのなかで糖尿病という病気があります。

 

 糖尿病は生活習慣病の中でもとくに食事との関わりが大きくなっており、血糖値を上手にコントロールすることができなくなる病気です。
 働き盛りの40代に多いとされていますが、発症すると一生付き合っていかなければいけない病気となるので、しっかりと予防をすることが大切になります。

 

 病院で検査を受けることもできますが、薬局で検査キットを購入することもできます。
 検査キットは、数千円で購入することができます。

 

 また、薬局やドラッグストアで、自分で採取した血液を使って店頭で簡易検査ができるようになっています。
 血液を自宅で採取して検査センターへ送って検査結果を待つと言う方法もあります。

 

 これらの検査方法では、血糖値やヘモグロビンエーワンシーを確認することができます。
 判定時間も約6〜10分と非常に短くなっています。

 

スポンサーリンク

 

 糖尿病検査薬の使い方が気になりますが、使う前に薬剤師による説明を受け同意書に記入をします。
 検査方法に関しては、利用者が自分の指先から少量の血液を採取し、簡易測定装置の中に入れるという非常にシンプルな方法です。

 

 そして約6〜10分後には検査の値が出るので、その間は薬剤師が利用者の体重や年齢や家族の病歴などの聞き取り調査を行います。
 そして最終的に検査結果と合わせてアドバイスをしてくれるようになっています。

 

 この検査キットでは、注意しなければいけないことがあります。
 それはまだまだ糖尿病検査薬を導入しているところが少ないので、取り扱いがあるかどうかを最初に確認しておきます。

 

 また検査に必要な費用は、店舗によって異なっています。
 そしてこれは検査なので、病院での診断とは異なっています。

 

 病気の診断は医師でなければ行うことができません。
 したがって詳しい病状や今後の治療方法などに関しては、病院で医師と相談することが必要です。

 

 次はこちらの記事です。
 糖尿病の予防にはお茶と水が効果的なのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。