糖尿病 失明 前兆

糖尿病で失明する時の前兆とは?

スポンサーリンク

 

 糖尿病は、血液中の血糖値が高い状態が続くようになる症状です。
 しかしながら、その自覚症状の少ない病気であるため、進行していることに気づきにくいことが大きな特徴です。

 

 そして最も怖いのは、合併症にあると言われています。
 特に3大合併症と呼ばれているのが、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病による神経障害です。

 

 この内の糖尿病網膜症になると、失明することもあり、緑内障に次いで失明する人が多くなっています。
 網膜には、血管や神経細胞などがたくさん集まっています。

 

 糖尿病になって血液中の血糖値が高い状態が続くと血管に障害が起こり、詰まったり、出血したりするようになります。
 この状態が糖尿病網膜症で、糖尿病を患っている人の約40%に認められるとされています。

 

 糖尿病は自覚症状に少ない病気といわれていますが、糖尿病網膜症も最初の頃にはほとんど自覚症状が現れません。
 このため、気が付いたら症状がかなり進行していることが多くなっています。

 

スポンサーリンク
 

 

 そのような自覚症状は、網膜症の進行につれて現れるようになりますが、いわゆる飛蚊症が出るようになります。
 これは、視野の中に蚊が飛んでいるように見えることからそう呼ばれています。
 この飛蚊症は、糖尿病網膜症で失明する恐れのある場合の前兆とも言えるものです。

 

 また、網膜症の進行によって網膜剥離が起きることがあります。
 それによって見えにくくなってしまうこともあります。
 網膜症で網膜の黄斑に障害が起きると、急に見えにくくなってしまうようになります。
 このような視力低下も失明の一つの前兆になってきます。

 

 糖尿病を患っていて、目にこのような異常が現れたらすぐに病院で診てもらいましょう。
 日頃から眼底検査等の目の検査を定期的に行なって、網膜症が進行していないかを確認することも大事になります。

 

 勿論、そのような検査と併せて、食生活を始めとした生活習慣を改善することで少しでも血糖値を下げるようにしなければいけません。
 糖尿病は、上手に血糖値をコントロールすることで日常生活への支障を避けることができます。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。