糖尿病 食べ物 お見舞い 贈り物 プレゼント

糖尿病患者へのお見舞いや食べ物の贈り物は何がいい?

 糖尿病の患者へのお見舞い品や食べ物の贈り物について悩んだことがある人は多いのではないでしょうか。

 

 入院中の患者へのお見舞いで食べ物を持参した場合は、看護師がチェックして確認する場合があります。

 

スポンサーリンク

 

 糖尿病はインスリンの作用が低下して高血糖になっている状態ですので、食事療法や運動療法や薬物療法で血糖値を正常な状態に保っています。
 そのため、食べるものには注意が必要になります。
 1日に摂取するカロリーや糖質については徹底的に管理されており、食べる時間帯や調理方法など食事の内容についても様々な工夫がされています。

 

 お見舞い品として持参した食べ物を食べて血糖値が急上昇してしまったら大変ですので、看護師が食べてもよいものかどうかについて判断をします。

 

 病院によっては食べ物のお見舞い品を一切受け付けないというところもありますので、事前に病院に確認しておくのがよいでしょう。

 

 退院して普通に生活している糖尿病患者もたくさんいます。
 そのような人への贈り物にも注意が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

 血糖値が上がりやすいものといえば、スイーツや炭水化物や清涼飲料水などです。
 とくにスイーツは、小麦粉、あんこ、生クリーム、チョコレートなどの血糖値が急激に上昇してしまうものが多く使用されています。
 健康な体の人への贈り物としてはとても喜ばれるものですが、糖尿病患者の人への贈り物としては好ましくありません。

 

 そこで今注目されているものが低糖質スイーツです。
 健康診断などで血糖値が高いと診断される人は年々増えており、健康志向な人も増えてきています。
 それにともない低糖質スイーツの需要も高まってきているのです。

 

 ダイエットをしている人にも効果的です。
 小麦粉の代わりに大豆粉が使用されていたり、砂糖の代わりに血糖値の上昇が緩やかになる甘味料を使用していたり、食物繊維が豊富に含まれていたりするので、糖尿病患者でも糖質を気にせずに和菓子や洋菓子を食べることができるのです。

 

 ちょっとした手土産や贈り物などにはとてもおすすめです。

 

 次はこちらの記事です。
 コンビニのお弁当やおやつを食べ過ぎると糖尿病になるの?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。