糖尿病 おやつ コンビニ

コンビニのお弁当やおやつを食べ過ぎると糖尿病になるの?

スポンサーリンク

 

 糖尿病とは血糖値が恒常的に高い状態を指します。
 糖尿病は発症原因から大きく1型、2型に分かれます。
 日本人では糖尿病患者さんの95%が2型と言われストレス、肥満、運動不足、暴飲暴食などのライフスタイルの乱れが主な原因になっています。

 

 生活習慣病の一つとして教えられているのはこの2型です。
 そのためこの2型の場合はこうした原因に気をつけて日常生活を送れば糖尿病になりにくい身体を作ることができます。
 2型はインスリンの分泌や、作用する力が不足して起こります。

 

 もともとインスリンを分泌する量が欧米人に比べて少ない日本人が、欧米化した食生活や食事を多く取り過ぎれば、糖分の処理が追いつかなくなり、血糖値は上がりっぱなしになります。
 この状態が休むことなく毎日続けば、必然的に膵臓のインスリンを分泌する力はさらに衰えてしまいます。

 

 1型の場合は、突然発症し、一部ではインスリンをつくる膵臓の細胞がウイルス感染により破壊されると言われていますが、その原因と予防は確率されていません。

 

スポンサーリンク

 

 毎日コンビニのお弁当やおやつを食べてませんか。
 コンビニのお弁当やおやつはとても高カロリーです。

 

 食事療法の基本的な考え方はカロリーを必要以上にとらないようにすることです。
 バランスの取れた栄養を一日の必要量のカロリーでで取ることで、膵臓の負担は軽くなり、膵臓の十分な能力は回復されます。
 ですから、食べ過ぎや、インスリンをより多く必要とするメニューに気を付けた食事内容が糖尿病治療にはとても効果的なのです。

 

 食事の基本は、朝、昼、晩、三食きちんと取ることです。
 間食はごくごく控えて、コーヒーや紅茶にはなるべく砂糖は入れないようにしましょう。

 

 バター、マーガリンやドレッシング、揚げ物や油炒めだどは高カロリーなので注意をしましょう。
 野菜、海草、玄米、麦ごはん、きのこ類などから食物繊維を積極的にとりましょう。

 

 ちなみに良い食品、悪い食品というものはありません。
 決められたカロリーの範囲内で、たんぱく質、糖質、ビタミン、ミネラルをバランスよくとる工夫が大切です。

 

 次はこちらの記事です。
 糖尿病の症状が指先に発症する機序とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。